• アミノレブリン酸はあらゆる食品に含まれています

    アミノレブリン酸はALAともいって、別名生命の根源物質とも言われています。
    アミノレブリン酸はあらゆる動物や植物の体内に存在しているアミノ酸のひとつで、生命維持のためにエネルギーを産生するのに必要な物質です。



    体内で生合成されますが、加齢やストレスなどで生合成が減少するもので、食事から摂取することは可能です。アミノレブリン酸は医療や農業などの分野で様々な効果が実証されている物質で、医療の分野では、低濃度のALAとミネラルでヘムタンパクの増強作用があるため、発毛や貧血防止、皮膚がんなどの治療に活用されています。

    農業の分野では植物の成長物質として活用されています。


    さらに高濃度のALAと光により活性酸素防除作用があるため、医療では、脱毛やガン治療などに利用され、農業では除草剤として使われています。
    アミノレブリン酸は体内で作られますが、17歳をピークに減少していきます。それは加齢や強いストレス、睡眠不足、運動不足、過激な運動や肥満、紫外線などの影響で免疫力が低下し、活性酸素が発生すると病気につながってしまいます。



    不足すると体に必要なエネルギーを作ることが低下するため、疲れやすくなり、体温低下などを引き起こすためALAの不足は避けるため、食品から摂りたいです。

    アミノレブリン酸はじゃがいも、納豆、ピーマン、タコ、黒酢、バナナなどあらゆる食品に含まれていて、加熱しても損失することはないので積極的に摂りたいものです。